小山 裕己

小山 裕己 / Yuki Koyama

略歴

東京大学大学院博士課程に在籍.日本学術振興会特別研究員 (DC1).五十嵐研究室 (User Interface Research Group) に所属.五十嵐健夫教授の指導の元,コンピュータグラフィクスやデザイン支援に関する研究に従事.2012年3月,2014年3月にそれぞれ学士号,修士号を同大学より取得.情報処理推進機構 (IPA) 認定未踏スーパークリエータ.2014年にDisney Researchのインターンシップに参加.

研究分野

Computer Graphics (CG) と Human-Computer Interaction (HCI) の2つの分野が交わる領域に興味があります. 特に以下のトピックに興味があります:

  • コンピュテーショナルデザイン
    • 審美性を指標とするもの
    • 機能性を指標とするもの
  • 映像表現のための物理シミュレーション

最近の話題

研究プロジェクト

自由形状をした竹とんぼの対話的デザインシステム

中村 守宏, 小山 裕己, 坂本 大介, 五十嵐 健夫

Computer Graphics Forum (a.k.a. Pacific Graphics 2016)


ヒューマンコンピュテーションによるアイコン画像選択手法

Lasse Farnung Laursen, 小山 裕己, Hsiang-Ting Chen, Elena Garces, Diego Gutierrez, Richard Harper, 五十嵐 健夫

Pacific Graphics 2016 Short Papers


Interactive Deformation of Structurally Complex Heart Models Constructed from Medical Images

中島 一崇, 小山 裕己, 五十嵐 健夫, 井尻 敬, 稲田 慎, 中沢 一雄

Eurographics 2016 Short Papers


SelPh: Progressive Learning and Support of Manual Photo Color Enhancement

小山 裕己, 坂本 大介, 五十嵐 健夫

CHI 2016


AutoConnect: Computational Design of 3D-Printable Connectors

小山 裕己, 末田 信二郎, Emma Steinhardt, 五十嵐 健夫, Ariel Shamir, Wojciech Matusik

ACM Trans. Graph. (a.k.a. SIGGRAPH Asia 2015)


三次元心臓モデルのリアルタイム形状変形を実現するマルチタッチインタラクションシステムの技術開発

小山 裕己, 五十嵐 健夫, 井尻 敬, 稲田 慎, 黒嵜 健一, 白石 公, 中沢 一雄

医療情報学 (2014)


視覚デザイン探索のためのヒューマンコンピュテーションを用いたパラメタ空間解析

小山 裕己, 坂本 大介, 五十嵐 健夫

UIST 2014 | コンピュータソフトウェア (2016)


Pteromys: 自由形状をした手投げ滑空機の対話的な設計と最適化

梅谷 信行, 小山 裕己, Ryan Schmidt, 五十嵐 健夫

ACM Trans. Graph. (a.k.a. SIGGRAPH 2014)



例示ベース弾性変形の実時間計算手法

小山 裕己, 高山 健志, 梅谷 信行, 五十嵐 健夫

SCA 2012 | 情報処理学会論文誌 (2013)


その他プロジェクト

視覚交換3D

with 光輝さん
第5回ニコニコ学会βシンポジウム

こだわり物理エンジン

2012年度 未踏IT人材発掘・育成事業
第4回ニコニコ学会βシンポジウム
デジタルコンテンツEXPO 2013

発表文献等

Peer-Reviewed Journal/Conference Papers

Morihiro Nakamura, Yuki Koyama, Daisuke Sakamoto, and Takeo Igarashi. 2016. An Interactive Design System of Free-Formed Bamboo-Copters. Comput. Graph. Forum 35, 7, pp.323--332 (2016). (a.k.a. Proceedings of Pacific Graphics 2016)
Lasse Farnung Laursen, Yuki Koyama, Hsiang-Ting Chen, Elena Garces, Diego Gutierrez, Richard Harper, and Takeo Igarashi. 2016. Icon Set Selection via Human Computation. In Proceedings of Pacific Graphics 2016 - Short Papers, pp.1--6.
Kazutaka Nakashima, Yuki Koyama, Takeo Igarashi, Takashi Ijiri, Shin Inada, and Kazuo Nakazawa. 2016. Interactive Deformation of Structurally Complex Heart Models Constructed from Medical Images. In Proceedings of Eurographics 2016 - Short Papers, pp.49--52.
Yuki Koyama, Daisuke Sakamoto, and Takeo Igarashi. 2016. SelPh: Progressive Learning and Support of Manual Photo Color Enhancement. In Proceedings of the 2016 CHI Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI '16), pp.2520--2532.
Yuki Koyama, Shinjiro Sueda, Emma Steinhardt, Takeo Igarashi, Ariel Shamir, and Wojciech Matusik. 2015. AutoConnect: Computational Design of 3D-Printable Connectors. ACM Trans. Graph. 34, 6, pp.231:1--231:11 (2015). (a.k.a. Proceedings of SIGGRAPH Asia 2015)
Yuki Koyama, Daisuke Sakamoto, and Takeo Igarashi. 2014. Crowd-Powered Parameter Analysis for Visual Design Exploration. In Proceedings of the 27th Annual ACM Symposium on User Interface Software and Technology (UIST '14), pp.65--74.
Nobuyuki Umetani, Yuki Koyama, Ryan Schmidt, and Takeo Igarashi. 2014. Pteromys: Interactive Design and Optimization of Free-formed Free-flight Model Airplanes. ACM Trans. Graph. 33, 4, pp.65:1--65:10 (2014). (a.k.a. Proceedings of SIGGRAPH 2014)
Yuki Koyama and Takeo Igarashi. 2013. View-Dependent Control of Elastic Rod Simulation for 3D Character Animation. In Proceedings of the 12th ACM SIGGRAPH/Eurographics Symposium on Computer Animation (SCA '13), pp.73--78.
Yuki Koyama, Kenshi Takayama, Nobuyuki Umetani, and Takeo Igarashi. 2012. Real-Time Example-Based Elastic Deformation. In Proceedings of the 11th ACM SIGGRAPH/Eurographics Symposium on Computer Animation (SCA '12), pp.19--24.

Other Presentations

Yuki Koyama. 2016. Computational Design Driven by Aesthetic Preference. In Adjunct Proceedings of the 28th Annual ACM Symposium on User Interface Software & Technology (UIST '16 Adjunct -- Doctoral Symposium), pp.1--4.
Yuki Koyama, Daisuke Sakamoto, and Takeo Igarashi. 2016. Supporting Photo Color Enhancement by Progressively Learning Aesthetic Preference. In Proceedings of ACM CHI 2016 Symposium on Emerging Japanese HCI Research Collection, pp.11--15.
Yuki Koyama, Daisuke Sakamoto, and Takeo Igarashi. 2015. Crowd-Powered Parameter Analysis for Computational Design Exploration. In ACM SIGGRAPH 2015 Posters (SIGGRAPH '15), p.2:1.

Thesis

Yuki Koyama. 2014. View-Dependent Control of Elastic Rod Simulation for 3D Character Animation. Master's Thesis, The University of Tokyo. Supervised by Prof. Takeo Igarashi.
Yuki Koyama. 2012. Real-Time Example-Based Elastic Deformation. Bachelor's Thesis, The University of Tokyo. Supervised by Prof. Takeo Igarashi.

Talks

SelPh: Progressive Learning and Support of Manual Photo Color Enhancement. ETH Zurich. March 17, 2016.

雑誌論文 (日本語)

小山 裕己, 坂本 大介, 五十嵐 健夫. ヒューマンコンピュテーションによるパラメタ空間解析を用いた視覚デザイン探索. コンピュータソフトウェア, vol.33, no.1, pp.1_63-1_77. 2016.
小山 裕己, 五十嵐 健夫, 井尻 敬, 稲田 慎, 黒嵜 健一, 白石 公, 中沢 一雄. 三次元心臓モデルのリアルタイム形状変形を実現するマルチタッチインタラクションシステムの技術開発. 医療情報学, vol.34, no.5, pp.221-232. 2014.
小山 裕己, 高山 健志, 梅谷 信行, 五十嵐 健夫. 例示ベース弾性変形の実時間計算手法. 情報処理学会論文誌, vol.54, no.10, pp.2316-2324. 2013. 特選論文

国内会議(登壇発表・審査あり)

小山 裕己, 坂本 大介, 五十嵐 健夫. ヒューマンコンピュテーションによる視覚デザインの最適化. Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2016. 2016年6月. 優秀研究発表賞Visual Computing研究賞
小山 裕己, 坂本 大介, 五十嵐 健夫. 効率的な写真の色補正を実現するための自己強化するシステム. Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2015. 2015年6月. 優秀研究発表賞
小山 裕己, 坂本 大介, 五十嵐 健夫. 視覚デザイン探索のためのクラウドソーシングを活用したパラメタ空間解析. 22nd Workshop on Interactive Systems and Software (WISS 2014). 2014年11月. 優秀論文賞
中沢 一雄, 小山 裕己, 五十嵐 健夫, 井尻 敬, 稲田 慎, 谷 昇子, 岩田 倫明, 奈良崎 大士, 原口 亮, 桑田 成規, 神崎 歩, 黒嵜 健一, 白石 公. タブレットPCによるマルチタッチインタラクションを活用した先天性心疾患のための診療支援システム. 第 33 回医療情報学連合大会. 2013年11月.
小山 裕己, 五十嵐 健夫, 井尻 敬, 稲田 慎, 白石 公, 中沢 一雄. マルチタッチによる弾性体オブジェクトとのインタラクション手法の開発. Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2013. 2013年6月.
小山 裕己, 高山 健志, 梅谷 信行, 五十嵐 健夫. 例示ベースの弾性変形の実時間計算手法. Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2012. 2012年6月. 優秀研究発表賞優秀研究発表賞山下記念研究賞

国内会議(ポスター発表・審査あり)

小山 裕己, 五十嵐 健夫. 三次元キャラクタアニメーションのための視線方向依存な弾性ロッドシミュレーション制御手法. Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2013. 2013年6月.

国内会議(登壇発表・審査なし)

中沢 一雄, 井尻 敬, 小山 裕己, 中島 一崇, 五十嵐 健夫, 稲田 慎, 原口 亮, 奈良崎 大士, 岩田 倫明, 芦原 貴司, 神崎 歩, 黒嵜 健一, 坂口 平馬, 市川 肇, 白石 公. 先天性疾患心臟の形状抽出と心臓レプリカを想定したマルチタッチブラウザ開発. 第51回日本小児循環器学会総会・学術集会. 2015年7月.
Kazuo Nakazawa, Shin Inada, Ryo Haraguchi, Takashi Ashihara, Isao Shiraishi, Ken-ichi Kurosaki, Suzu Kanzaki, Takeo Igarashi, Takashi Ijiri, Yuki Koyama, and Takanori Ikeda. Technological Development of Heart Simulators for Various Computer Platforms in the Medical and Health-care Fields. 第78回日本循環器学会学術集会 トピック. 2014年3月.
小山 裕己, 五十嵐 健夫, 井尻 敬, 稲田 慎, 白石 公, 中沢 一雄. 心臓の三次元的構造を効果的に理解するためのマルチタッチインタラクション手法の開発. 信学技報, vol.112, no.479, MBE2012-89, pp.7-12. 2013年3月.

国内会議(ポスター発表・審査なし)

中島 一崇, 小山 裕己, 五十嵐 健夫, 井尻 敬, 稲田 慎, 中沢 一雄. インタラクティブな変形を可能にするデータ構造を医療画像から自動生成する手法. Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2016. 2016年6月. Visual Computingポスター賞
小山 裕己, 坂本 大介, 五十嵐 健夫. デジタルコンテンツ生成のためのクラウドソーシングによるパラメタ最適化. 21st Workshop on Interactive Systems and Software (WISS 2013). 2013年12月.

解説など

井尻 敬, 芦原 貴司, 梅谷 信行, 小山 裕己, 五十嵐 健夫, 原口 亮, 横田 秀夫, 中沢 一雄. Shape Matching法による心臓拍動のビジュアルシミュレーション. 生体医工学, vol.53, no.3, pp.130--137. 2015.

その他の研究成果・開発技術等に関する発表

小山 裕己, 宮下 令央, 牧野 泰才. 世界を目指せ! - トップコンファレンス採択論文紹介. 第21回日本バーチャルリアリティ学会大会【OS】トップカンファレンス (招待講演). 2016年9月.
小山 裕己, 末田 信二郎, Emma Steinhardt, 五十嵐 健夫, Ariel Shamir, Wojciech Matusik. AutoConnect: 三次元プリント可能なコネクタのコンピュテーショナルデザイン. 情報処理学会 グラフィクスとCAD研究会 第161会研究発表会 (招待講演). 2015年11月.
梅谷 信行, 小山 裕己, Ryan Schmidt, 五十嵐 健夫. Pteromys: 自由形状をした手投げ滑空機の対話的な設計システム. 22nd Workshop on Interactive Systems and Software (WISS 2014) (招待デモ). 2014年11月.
東京大学, JST ERATO (デモ展示:梅谷 信行, 小山 裕己, ..., 登壇発表:梅谷 信行). テロミス:自由形状をした紙飛行機のデザインシステム. デジタルコンテンツ EXPO 2014 (デモ展示, 登壇発表). 2014年10月. Innovative Technologies 2014
中沢 一雄,稲田 慎, 谷昇 子, 原口 亮, 奈良崎 大士, 桑田 成規, 岩田 倫明, 五十嵐 健夫, 小山 裕己, 井尻 敬, 芦原 貴司, 神崎 歩, 鍵崎 康治, 市川 肇, 黒嵜 健一, 坂口 平馬, 白石 公. 医学・医療分野におけるコンピュータシミュレーション技術の可能性:先天性心疾患分野の診療支援に向けたシステム開発. 第50回日本小児循環器学会総会・学術集会 (シンポジウム, 招待). 2014年7月.
梅谷 信行, 小山 裕己, Ryan Schmidt, 五十嵐 健夫. 自由形状をした手投げ滑空機の対話的な設計と最適化. Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2014 (SIGGRAPH 採録論文・Courses 招待講演セッション). 2014年6月.
光輝&小山. 視覚共有3D~リアルSIREN演ってみた. 第 5 回ニコニコ学会 β シンポジウム 研究してみたマッドネス. 2013年12月.
東京大学大学院 情報理工学系研究科 五十嵐研究室 (デモ展示:小山 裕己, 王 方舟, 佐々木 直, 溝口 晃. 登壇発表:小山 裕己). こだわり物理エンジン. デジタルコンテンツ EXPO 2013 (デモ展示, 登壇発表), 2013年10月. Innovative Technologies 2013
小山 裕己. コンピュータグラフィクスのためのクラウドソーシングによるパラメタ調整支援. ビジュアル情報処理合宿, 2013年9月.
小山 裕己. 「見えそうで見えない」こだわり物理エンジン. 第 4 回ニコニコ学会 β シンポジウム 研究してみたマッドネス 妄想の部. 2013年4月. 大賞
小山 裕己. 「こだわり」を簡単に実現できるアニメーション作成システム. 2012年度未踏人材発掘・育成事業 成果報告会. 2013年1月. スーパークリエータ認定

その他

五十嵐研究室 (発表者の一人として参加). Open Lab. The University of Tokyo Open Labs (ポスター・デモ展示), 2016年10月.
小山 裕己, 飯塚 里志. 大規模学習を用いたCGの最先端研究の紹介. CEDEC2016 (招待セッション), 2016年8月.
小山 裕己. CHI2016参加報告. 日本バーチャルリアリティ学会 学会誌 第21巻 第2号. 2016年5月.
朝原, アロンソ, 小山, 森藤. 学生による学科紹介. 理学部情報科学科ウェブページ. 2015年2月.
五十嵐研究室 (登壇者の一人として参加). 研究紹介. CG-ARTS 人材育成フォーラム. 2014年10月.
IPA 未踏 (出演: 小山 裕己, 中嶋 誠, 夏野 剛. 司会: 後藤 真孝). 初音ミクに魅せられたクリエータが切り拓く未来技術 - Powered by IPA未踏. SNOW MIKU 2014. 2014年2月.
小山 裕己. 情報科学とコンピュータグラフィクス. 東京大学理学部オープンキャンパス (講演), 2013年8月.
東京大学理学部 (パネラーとして参加). なぜ私は理学部を選んだか. 東京大学理学部ガイダンス (パネルディスカッション), 2012年12月.

表彰など

情報処理学会コンピュータグラフィックスとビジュアル情報学研究会. 優秀研究発表賞 (CGVI 賞). June 2016.
画像電子学会. Visual Computing 研究賞. June 2016.
Microsoft Research Asia. Microsoft Research Asia Fellowship Nomination Award. October 2015.
情報処理学会グラフィクスと CAD 研究会. 優秀研究発表賞 (GCAD 賞). August 2015.
日本ソフトウェア科学会 WISS 2014. 優秀論文賞. November 2014.
経済産業省. Innovative Technologies 2014. October 2014.
情報処理学会. 山下記念研究賞. March 2014.
情報処理学会. 特選論文. October 2013.
経済産業省. Innovative Technologies 2013. October 2013.
情報処理推進機構. スーパークリエータ認定. May 2013.
第4回ニコニコ学会βシンポジウム. 研究してみたマッドネス妄想の部 大賞. April 2013.
映像情報メディア学会. 優秀研究発表賞. December 2012.
情報処理学会グラフィクスと CAD 研究会. 優秀研究発表賞 (GCAD 賞). July 2012.
東京大学理学部. 理学部学修奨励賞. March 2012.

研究費助成など

日本学術振興会. 特別研究員 (DC1). April 2014 - March 2017.
2012 年度未踏 IT 人材発掘・育成事業. 「こだわり」を簡単に実現できるアニメーション作成システム. July 2012 - February 2013. スーパークリエータ認定

特許

五十嵐 健夫, 梅谷 信行, 小山 裕己. 情報処理装置、情報処理方法、プログラム及び記録媒体. 特願2014-120693. 2014年06月11日出願.

メディア掲載など

国内の主なもののみ掲載.

日刊工業新聞. 落書きが竹とんぼに−東大、羽根のバランスを自動調整. November 2016.
日刊工業新聞. 東大など、柔らか心臓モデル生成−CTから直接3D変換、手術前シミュレーションに. November 2016.
TV Bros. (テレビブロス). わらしべ MAD SCIENTIST「なんでもコネクタ」. January 2016.
TechCrunch Japan. ディズニー、どこにでも付くスマホ用マウントを作るシステムを発明. November 2015.
3DP id.arts. 物理的な二つのオブジェクトから3Dプリントコネクタパーツを自動生成するAutoConnect. November 2015.
日刊工業新聞. 今後何げない作業があらゆる日常に埋め込まれていく-進化する「クラウドソーシング」. June 2015.
めざましテレビ (フジテレビジョン). 東大生が本気で研究, ヘンな形の紙飛行機. September 2014.
日刊工業新聞. 東大、落書きの飛行機を飛ばしやすいデザインに調整できるソフト開発. July 2014.
GIGAZINE. ドラゴンやアルマジロでも航空力学に基づいた「飛べる」紙飛行機に変える「Pteromys(テロミス)」がすごすぎ. June 2014.
DigInfo TV. 2Dセルアニメのようなデフォルメを3DCGで表現できる「こだわり物理エンジン」. November 2013.
産経アプリスタ. 絶対見えない「鉄壁のスカート」も 3Dアニメ新技術. November 2013.
スラッシュドット・ジャパン. 経産省、Innovative Technologies 2013に「こだわり物理エンジン」を採択. September 2013.
msn 産経ニュース. 多機能携帯端末で心臓手術シミュレーション 国循、倫理委が研究承認. January 2013.

その他

IPSJ-ONE 2015/2016 (IPSJ-ONE企画・実施委員)
SIGGRAPH勉強会 (幹事)

連絡先

電話: 03-5841-4091
住所: 〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学理学部7号館302号室
E-mail: koyama@is.s.u-tokyo.ac.jp